為替平衡操作(かわせへいこうそうさ)

<用語>

為替平衡操作(かわせへいこうそうさ)

<意味・説明>

Exchange equalization operation.政府の依頼をうけた中央銀行が為替相場の急激な変動を防ぐため、直接為替市場に介入して売買を行うことである。たんに「平衡操作」ともよぶ。
主要各国は、平衡操作勘定ないし為替安定基金を設け(ほとんど各国中央銀行が担当)、特定の政策をもって為替市場に介入を行っているが、わが国においても昭和38年4月より市場介入が行われるようになった。



カ行
知ってる?★FX用語

(C)2009 株式会社ブレード・コミュニケーションズ