外為法改正

<用語>

外為法改正

<意味・説明>

かつての外国為替及び外国貿易管理法(外為法)では、外国との為替取引は原則禁止であり、貿易等に関する為替取引が例外的に認められていた。その後、80年の外為法改正で一部の資本取引が自由化され、98年の第二次改正で、資本取引も為替取引も完全に自由化された。



カ行
知ってる?★FX用語

(C)2009 株式会社ブレード・コミュニケーションズ