外貨手取率(がいかてどりりつ)

<用語>

外貨手取率(がいかてどりりつ)

<意味・説明>

ある商品の輸出価格をA、その商品に使用した原材料を B とすると外貨手取率は(A−B)/Aとなる。つまり、輸出価格に対する外貨の純手取額というのである。輸出品の原材料のうち、国産の割合が多ければ手取率も多くなる。



カ行
知ってる?★FX用語

(C)2009 株式会社ブレード・コミュニケーションズ