購買力平価説(Purchasing-Power-Parity Theory)

<用語>

購買力平価説(Purchasing-Power-Parity Theory)

<意味・説明>

為替レートは自国通貨と外国通貨の購買力の比率によって決定されるという為替相場決定理論のひとつ(為替レートの決定要因を説明する概念のひとつ)。



カ行
知ってる?★FX用語

(C)2009 株式会社ブレード・コミュニケーションズ