国際決済銀行(こくさいけっさいぎんこう)

<用語>

国際決済銀行(こくさいけっさいぎんこう)

<意味・説明>

Bank for International Settlements(略して BIS のこと)。1930年スイスのバーゼル市に設けられた国際銀行で、第一次世界大戦によるドイツの賠償金の受領、分配などを円滑に処理することが主要業務であったが、戦後はヨーロッパの地域機関である OECDの枠内で結成された通貨協定(EMA)や欧州支払同盟(EPU)の実務担当機関としての活動が主要業務となっている。株主である日本銀行を含む主要国の中央銀行は、定期的あるいは臨的にこの銀行で会合をもち、金融政策の調整など国際金融協調の主要な場ともなっている。
なお、同行が毎年発浮キる世界の経済金融状勢を分析した報告書(東京銀行調査部役)は、世界でも権威ある貴重な文献として定評がある。



カ行
知ってる?★FX用語

(C)2009 株式会社ブレード・コミュニケーションズ