買取扱い(かいとりあつかい)

<用語>

買取扱い(かいとりあつかい)

<意味・説明>

Negotiation.為替手形と取組時に、銀行が買取依頼人(為替手形振出人・輸出者・売主)に対し、為替手形を割引き、その代り金を先払することをいう。銀行は代金回収未確認の段階で、自己資金で前払することになるので与信行為となる。 したがって、万一手形が回収不狽ノなれば、買取依頼人に代金の返還を求めることになる。



カ行
知ってる?★FX用語

(C)2009 株式会社ブレード・コミュニケーションズ