インターバンク市場

<用語>

インターバンク市場

<意味・説明>

銀行と銀行の間で取引が行われる市場のこと。外国為替市場という場合には通常、ここを指します。これに対し、銀行が顧客に対して取引を行うのが対顧客市場です。 銀行が顧客との取引で生じた為替持高のカバー、銀行自体の意図的持高操作を行う。金融機関、ブローカー(仲立人)、中央銀行で告ャされている。



ア行
知ってる?★FX用語

(C)2009 株式会社ブレード・コミュニケーションズ