スワップリミット

<用語>

スワップリミット

<意味・説明>

外銀の在日支店にとって、外貨を調達して円に転換するスワップ取引は有力な資金調達手段。コストの安い外貨を調達できる外銀は、スワップで安い円資金を作ることができる。80年代の初め頃まで、外銀には厳しいスワップリミット(限度額)が日本の当局から課せられていた。



サ行
知ってる?★FX用語

(C)2009 株式会社ブレード・コミュニケーションズ