スワップ取引

<用語>

スワップ取引

<意味・説明>

為替取引には、直物(スポット)と先物(フォワード)の売買がありますが、もうひとつの取引形態があります。スワップと呼ばれる取引で、直物を売ると同時に、先物を買う。又は、直物を買うと同時に先物を売る。つまり直物と先物の二つの売買をワンセットにした取引です。



サ行
知ってる?★FX用語

(C)2009 株式会社ブレード・コミュニケーションズ