裁定取引

<用語>

裁定取引

<意味・説明>

割安のものを買い、割高のものを売ることにより、全体の上下動の影響を極力排除しながら収益を挙げる手法をいいます。異なる市場間で金利差、価格差、直先差を利用するなど様々な手法があります。たとえば、株価指数の先物と現物の間には、価格関係の一時的なゆがみが生じる事がありますが、理論的にはどちらも同じ価格になるべきものですから、高いほうを売って、安いほうを買っておけば、相場全体の上げ下げによるリスクを抑えながら、着実に利ざやをとることができます。



サ行
知ってる?★FX用語

(C)2009 株式会社ブレード・コミュニケーションズ