インボイス (INVOICE)

<用語>

インボイス (INVOICE)

<意味・説明>

インボイス(INVOICE)とは、一般的には商業送り状の事で、売買契約の条件を正当に履行した事を売主が買主にあてた、積荷の明細を示した出荷案内書の事。通関時や銀行の買取などで必要とする船積書類のひとつ。 インボイス(INVOICE)には、通常、運送貨物の明細、数量、単価、合計金額、積出地、仕向地、船舶名、船積日、荷印などが記載され、売主が署名する。 インボイス(INVOICE)は、貨物の内容及び代金請求権の根拠を示す重要なものであり、各種書類を一体化する役目を持ち、船荷書類や保険証券と並んで、重要な船積書類である。 また、輸出入錐垂ナも、インボイス(INVOICE)は、必要とされており、日本国の関税法(第68条)、関税法施行令(第60条)では、”仕入書”と記され、必須記載事項とされている。



ア行
知ってる?★FX用語

(C)2009 株式会社ブレード・コミュニケーションズ