実需原則

<用語>

実需原則

<意味・説明>

かつて日本では、為替取引をするには実需の裏づけが必要であり、銀行以外の投機取引は禁止されていた。これを「実需原則」という。84年に実需原則は撤廃され、銀行以外の企業も自由に為替取引をする事が可狽ノなり、市場規模も一段と拡大した。



サ行
知ってる?★FX用語

(C)2009 株式会社ブレード・コミュニケーションズ