直物市場(じきものしじょう)

<用語>

直物市場(じきものしじょう)

<意味・説明>

現物為替の取引を行う市場(Spot market)をいい、適用される為替相場を現物(直物)為替相場という。為替市場で行われる市場直物取引(2営業日目渡し条件が一般的)と、対顧客直物取引とがあり、それぞれの取引相場が建つことになる。



サ行
知ってる?★FX用語

(C)2009 株式会社ブレード・コミュニケーションズ