為銀制度

<用語>

為銀制度

<意味・説明>

為銀制度とは、かつて日本では、すべての為替取引は大蔵省(当時)に認可された外国為替公認銀行(為銀)を通じてしか行なえなかった。98年にこの為銀制度は撤廃され、企業内で売り買いを相殺したり、ほかの会社と為替ポジションを調整することができるようになった制度のこと。



タ行
知ってる?★FX用語

(C)2009 株式会社ブレード・コミュニケーションズ