ニクソンショック

<用語>

ニクソンショック

<意味・説明>

1971年8月に、米国のニクソン大統領が、ドルと金との交換停止を突然発表した。それまで米国は金1オンス=35ドルで交換していたが、同年12月にはドルを金に対して切り下げ1オンス=38ドルとした。それに対して、各国通貨もドルに対して切り上げ、新レートで一時的に固定相場制が復活したことを指す。



ナ行
知ってる?★FX用語

(C)2009 株式会社ブレード・コミュニケーションズ