マージントレーディング

<用語>

マージントレーディング

<意味・説明>

一定の証拠金(マージン)を銀行に預けて為替取引をする手法は、90年代に銀行がヘッジファンドと取引する際に広く使われた。証拠金の数諸{の金額の取引が行なわれ、数百倍の取引を許した銀行もあったが、LTCMの破綻を契機に証拠金の割合が高まった。



マ行
知ってる?★FX用語

(C)2009 株式会社ブレード・コミュニケーションズ