銀行間市場での売買単位

<用語>

銀行間市場での売買単位

<意味・説明>

銀行間市場での取引は数百万ドル〜数千万ドルが一般的。最小売買単位は100万ドルだが、例外的に100万ドル以下や端数のついた金額での取引が行なわれることもある。顧客取引では、端数のついた金額や数万ドル〜数億ドルまでの金額が取引される。



ア行
知ってる?★FX用語

(C)2009 株式会社ブレード・コミュニケーションズ