売相場と買相場(うりそうばとかいそうば)

<用語>

売相場と買相場(うりそうばとかいそうば)

<意味・説明>

為替を銀行の業務上、一つの商品(もの)とみなして、銀行がもの(送金小切手、輸入為替など)を渡してかねを受取る取引のことを売為替という。反対に銀行がもの(輸出為替、支払為替)を受取ってかねを支払う取引のことを買為替といい、為替銀行の業務上の業務上重要な区分である。



ア行
知ってる?★FX用語

(C)2009 株式会社ブレード・コミュニケーションズ